男性性機能障害に かんして 男性器 専門医が  恒久的な解決策を提を 供する

日本人男性は グローバルで だいたい 43%の 高率に 男性性機能障害から 苦痛を受ける。

この病院は 男性器に 対して 問題点を 治療して解決することができる。

陰茎補綴⼿手術 及び 3ピース陰茎インプラントが 最上の解決策だ。

勃起障害は 2005年には 35%まで 流行するほど 急速に 増加している。

最新技術3ピース膨張型陰茎インプラント手術は、究極的な勃起不全治療法だ。

勃起した 陰茎が 膣内挿入で 性交をするのに 硬直度が 弱いのが あまりにも頻繁に 繰り返されれば、これは あなたの 年齢とは 関係なく、あなたは勃起障害を 持っているのだ。

性交を 行うにおいて 十分な 時間の間、勃起が 持続されていなかったら、あなたは 勃起技能長 問題から 苦痛を 受けている。

勃起が よく できなくて時間が たくさんかかるなら、これも また あなたの 勃起不全によって 苦痛を受けているという 意味だ。

多くの開発途上国で 勃起不全は 20歳の幼い年に 発生する。

全世界の男性の20%が 男性性機能障害から 苦痛を 受けている。

日本の成人男性は、他国に比べて 91%の 高い 泌尿器疾患 を持っている。

しかし、他の国に比べて 89%の 日本男性は 泌尿器疾患の 苦しみを なくすために 手術や他の案を講じていない。

年が 23-29歳の 日本男性の 約 1.8%  及び 30-39歳の 日本の 男性の 約 2.6%が 軽症の 勃起機能障害から 苦痛を受ける。

年が 40-49歳の 日本男性の 約 7.6%が 軽症の 勃起機能障害 及び  約 7.6%が 重症の 勃起機能障害を 苦痛を受ける。

約 14%の 日本男性は  軽症の 勃起機能障害  及び  約 6%の 日本男性は 重症の 勃起機能障害から 苦痛を 受ける。

年が 40-49歳の 日本男性は 軽症の  勃起障害の 場合 25.9%  増加、15.9%の  日本男性は  重症の  勃起障害から  苦痛を受ける。

年が 70-79歳の 64% 以上の 日本男性は 勃起機能障害から  苦痛を 受けており、その中で36.4%は  重症の  勃起機能障害から  苦痛を受ける。

レビトラ、バイアグラ、シアリス、プロスタグランジン、パパベリンなどの ED治療薬は30%の 患者では 効果が 全くない。

効果が ある グループでも 時間が 経てば ED治療薬は結局には 薬効が 止まる。

ED治療薬を 並行した  勃起不全治療は  価格が 高い。

そして このような ED治療薬は、副作用を持っている。
明くる   勃起不全治療の究極的な解決策